田舎でもお金の話がしたい

北海道在住。田舎でお金の話ができない20代後半独身の日々を綴っていきます。

投資を始めたきっかけ

自分が投資を始めて約2年経ちます。なんで始めたのだろうかとブログを始めてふと思い、思い出してまとめてみました。

 

 

 

家庭状況

家庭状況にも投資をやるきっかけがあったと思います。

高校生の時に母子家庭になりました。

大学も母子家庭などで経済状況が不安な学生に対して学費が半分になる制度があるところを選びました。学費だけなら大学卒業まで150万ぐらいでした。

母親も銀行員だったこともあり日頃からお金について話すことがありました。

家庭状況を振り返ってみると、遅かれ早かれ投資をやる気になっていた環境だったと思います。

職場のきっかけ

しかし、周りに投資をやっている人がいなく、やらなくてもいいかなと思っていました。

投資をやるきっかけになったのは、金融機関で働いていたときにお客様の金融資産の中に投資信託があったことでした。そのときにそういえば投資やってみたかったんだよなと思い出し、行動に移していくことになりました。

投資に対して先入観があった

投資についてギャンブルだとかやってはダメだなどのイメージはなかったのですが、ある程度まとまったお金が必要だとかお金持ちがやることだというイメージはありました。

でもこの時はどうしても投資をやりたくなっていたので少額でもやれるものは無いかなと思い、ダメ元で探してみました。

インデックス投資の出会い

色々投資の種類があって、最初は悩みました。

FXはずっと見ていないといけないし、仕事がおろそかになる。

個別株と不動産投資は、まとまった額がないといけない。

と色々考えた結果、少額でも積立ができる投資信託でコストの低いインデックス投資をやることに決めました。

インデックス投資とは

インデックス投資とは、日経平均TOPIX、S&P500、ダウ平均のような株価指数(インデックス)と同じ値動きを目指す投資方法のことです。 
例えば、日経平均が5%上昇したら、自分の資産も同じく5%上昇するような投資方法です。

具体的に投資する際には、インデックスと同じ値動きをするよう設計された投資商品(投資信託ETF)を購入することになります。これらの投資商品には「インデックス投信」および「ETF」があり、総称して「インデックス・ファンド」と呼ばれています。

現在、世界には1万種類以上のインデックスがあり、日経平均のような株式の市場動向を示すインデックス以外にも、債券、不動産、商品などの市場動向を示すインデックスもあります。
また、それらと連動するインデックス・ファンドも多数あります。(2011年12月現在、米国では約1,300本、日本では約730本のインデックス・ファンドがあります)

あなたのインデックス投資を応援する 『myINDEX』より引用

 

ここで失敗したことは、あまり情報を仕入れなかったことです。 

最初に買ったのはマネックス資産設計ファンド<育成型>でした。

積立を開始した時はコストを下げているファンドが多くあり、「あれ?他と比べてコスト高いよな」と思うようになりました。そこで改めて見直して、勉強して現在に至っています。

最後に

投資をやり始めてから、日本や世界の流れをニュースなどで確認する機会が増えました。それに対して色々な考えを持つようになり、仕事などに生かすことができていると思い、投資をやって良かったです。

自分や投資を始めた頃に比べて、現在はiDeCoNISAなど多くの制度が拡大や開始をし、投資をやる人が増えていると思います。

しかし、今住んでいる田舎では利用している人は少ないのが現状です。やるかどうかは別として田舎でも投資について知識を持つ人が多くなってほしいですね。

田舎でも投資の話をしたいし、ふるさと納税をやらせろー(笑)心の叫び

広告を非表示にする